週刊たぬき速報

僕の"最小限"は留まることを知らない

社畜がどうすればブログを書く時間を捻出できるか考えてみた

どうも。最近ブログを頑張ろうと決めたたぐちです。しかし立ちはだかるのが事由な時間の壁。僕は会社がぼちぼち忙しく、帰りは安定して22時移行になる日々が続いています。もともとサボりぐせのある僕が、この時間の中でブログを書くのは結構たいへんです。今回はブログを書く時間をなんとか捻出できないか考えてみます。

 

だいたいのタイムテーブル

07:00 起床

 ~  身支度

08:00

 ~  通勤(電車)

09:00

 ~  会社

12:00

 ~  昼休み

13:00

 ~  会社

21:00

 ~  通勤(電車)

22:00

 ~  家事・自由時間

24:00

 ~  就寝

 

仕事から帰宅後はどうか 

このタイムテーブルは運良く21時に会社が出れた場合のケースです。こうして見ると結構自由な時間がありそうに見えるんですけどね。夜は仕事のストレスでほとんど頭は動いてません。脳内の物質が枯渇している状態です。こういう状態で何か作業しようとしても、ただただ時間が過ぎて結局何もせず、睡眠時間が減っていくという悪循環でした。なので

仕事後はきつい。

通勤中はどうか

毎日片道約1時間を使ってる通勤時間です。この内電車にのっている時間は20分程度。ほかは徒歩での移動や乗り換えの待ち時間です。

まず移動している時は文章を入力するのがつらいのでパフォーマンスが悪そう。そして電車の中ですが、画面を覗かれたりするのが嫌だったり細切れすぎてあんまはかどらないんですよね。なので

通勤中はきつい

昼休みはどうか

昼休みでご飯を食べる時間は15分。外に出たら無駄に時間がかかるし、社内だとこれまた周りが気になって集中できないのでパフォーマンスは低い。なので

昼休みはきつい

じゃあいつやるか

 今でしょ!(土日)っていうのはもちろんそうなんですけど、平日はどうしようと。夜中考えることができないのなら早寝してしまえばいいんですよね。夜は洗濯とお風呂にだけ入って寝てしまう。結局これが一番なんじゃないかと。

そんで朝です。なんとか早起きをする習慣をつけて朝ブログ記事を書きたいと思うのです。23時就寝だとしたら6時間睡眠で5時起き。通勤の時間まで3時間は確保できます。

そして次に起こる問題が、仕事中に眠くなってしまうこと。仕事はミスが許されないタイプのものなので、睡眠不足はできるだけ避けたい。そこで通勤の時間、昼休みを仮眠の時間にしようと考えました。

仮眠が上手に機能すれば一日中最高の状態で生活できそうです。とりあえず今日はすでに0時なのでもう寝ますおやすみなさい。

広告を非表示にする